SponsoredLink

カシミヤの白

秋に入った途端にショッピングモールやデパートなどは、秋色一色になりますよね。まだまだ暑い日があるよ〜と思うのですが、暖かい色みのものが売り場に並びます。昔、販売をしていたのですが、9月に入るとお達しが出て「長袖着用」が義務ずけられました。そして、そうこうしているうちに、暖かで風合いの良い品々が並ぶわけですね。


中でもカシミヤは大流行が起きました。その流行が始まってから、ずいぶん時間は経ちましたが、人気は衰えませんね〜。衰えどころか増している感じさえします。軽くて暖かいし、肌触りも最高なので人気の理由は分かりますよね。それに以前は「カシミヤ」なんていうと、高給取りのOLさんくらいしか買えないような値段でしたが、ずいぶんリーズナブルになりました。色もパステル系を中心に、たくさんの中から選べるようになりましたよね。いろいろな商品が出ているようですが、やっぱりマフラーと大判のストールが人気みたいです。
軽いしやわらかいので、もって歩くにも苦にならないし、暑いときはバックの中へ。肌寒くなったら、羽織ればいい。すばらしい商品です(笑)私もカシミヤ大好きなので、何枚かを持っています。色もいろいろ。中でも白はお気に入りです。マフラーとストール両方とも持っているのは白なんです。いろいろな服に合わせやすいし、それでいながらダークな色が多い冬場には、アクセントにもなります。白って存在感がなさそうで、結構目を惹くんですよね。グレーとか紺・黒の中に、やっぱり真っ白は映えますよね。


そろそろ秋も深まってくる季節が近づいてきたので、外へ出たときには持ち歩くようにしています。そのアクセントがあるだけで、寒い日の散歩なんかも楽しめるようになりますよぉ。

カシミヤの中のカシミヤ

最近では手軽に買えるようになってきたカシミヤ。そのカシミヤの中でも基準はあるようです。やはりカシミヤの良さを知って、出来ればそのカシミヤの素材をいかしたものを着用したいですよね。
もともと山奥に生息しているヤギのウブ毛をカシミヤと呼ぶのですが、その取り方や品質管理などで、やはり市場に出回るものの品質が変わるようです。もちろん、カシミヤと呼ばれるものは、どれも希少価値が高いものですが(1頭から100g程度しかとれないそうです) その素材が切れたり痛んだりしていないか?そんな細かなところで、また風合いや色の出かたも変わってくるようなのです。ウブ毛を丁寧に丁寧にとるなんて、根気強くなきゃ出来ないですね。セーター1枚分集めるのも気が遠くなりそうです。


なぜヤギのウブ毛がそれほどまでに、しなやかで暖かみをもっているのか。それは、ヤギといっても高い山のそれまた上のほうで生活しているヤギのウブ毛だからなのです。気温の差が大きく、その厳しい環境で生活しているヤギのウブ毛だから、暖かくやわらかくの素材が出来上がるようです。そして人の手で飼育するなどのことが出来ないため、また摂取するのも難しいそうです。その野生のヤギから毛を傷つけないように、慎重に慎重にとるわけです。そのヤギが生息している国ですが、中国・モンゴルが多いようですね。そのカシミヤの中でも、最高級と呼ばれるカシミヤは1キロ「〜万円」と破格とのこと。夢のような話です。

カシミヤとパシュミナ

カシミヤとはカシミヤヤギからとれた毛のことを言います。これは有名な話なので、ご存知の方も多いかもしれません。このカシミヤヤギというのが、標高の高い山に生息していて、とても良質な毛をたくわえているわけですね。このカシミヤヤギの全体の毛を刺すのではなく、良質なカシミヤは硬い毛の下に生える、産毛のことを刺します。この産毛部分を櫛などで丁寧にとったものが最高級繊維のカシミヤと呼ばれているわけです。


カシミヤの良さは、暖かく保温性があり、軽く肌触りがいい。ツヤも良いので、衣服に適している。このすばらしい特徴をいかして、コートやストール、マフラーや帽子になるのです。軽いので持ち歩くにも、着るのにも最高ですよね。冬物はどうしても重くなりがちなので。


カシミヤとパシュミナ。これって何の差があるの?と今でも不思議に思う方もいるかもしれません。最初は私もカシミヤを業界チックに呼ぶとパシュミナなんだと思ってました(笑)カシミヤとパシュミナですが、ランクで言うとパシュミナが上にたつようです。カシミヤでも十分すぎるほど贅沢なのですが、それよりももっともっと細く、肌触りがシルクのような滑らかな感じ、それがパシュミナと呼ばれる繊維とか。程度が上なのは分かりましたが、それほどハッキリした区別もないのかな?とも思います。
ただ繊維の良し悪しが分かる人などには、どちらがカシミヤで、どちらがパシュミナなのか判断がつくようです。ストール1枚にしても触り比べると差があるのだとか。
まだまだ勉強が足りないのかもしれませんが、カシミヤで十分だとも思うのです。